笑顔の男性

自宅庭の活用法

House

エクステリアも自宅の一部と考えて、デザインに工夫を凝らす人が増えています。最近では大阪の複数の優良業者を、一括見積できるサイトが人気になっています。価格や提案をじっくり比較できるとあって、今後もこうしたサイトの利用者が増加すると考えられます。

読んでみよう

関連リンク

  • 塗替えニッカ

    年間で1000件以上の塗装施工を行なってきました。名古屋の塗装業者なら、東海地区で高い施工実績を誇っているので安心して依頼できます。

電気を蓄えておく機器

men

設置にかかる費用と補助金

蓄電池とは、電気を蓄えることができる機器のことで、これを設置しておくと、蓄えた電気をいつでも使用できます。そのため災害時に停電になった場合などには、非常に頼りになります。蓄電池は、基本的には屋外に設置することになります。直射日光や風雨の影響を受けないように設置をする必要があるので、専門業者が工事をします。費用は、本体価格が150万円ほどで、それとは別に工事費が50万円ほど必要になるので、トータルで約200万円かかります。ただし、国または自治体から補助金をもらうことができます。補助金は、本体価格の3分の1または100万円が上限となっています。法人の場合は、本体価格だけでなく工事費も含めた金額の3分の1が補助金として出されます。災害時に役立つことと、補助金の額とが大きいこととで、蓄電池を設置する家庭や法人は増えています。

お得な電気料金に

一般的に、電力会社から供給される電気の価格は、夜間の方が安めに設定されています。そのため夜間に蓄電池に電気を蓄えておき、日中にそれを使用することで、月々の電気料金を安くすることができます。また、蓄電池は太陽光発電システムとの併用も可能となっています。太陽光を多く集めることができる日中に電気をたっぷりと蓄えておけば、夜間にもそれを使用することができるのです。また、この場合は余った電気は電力会社に売ることが可能です。ただし、夜間に安く供給された電気を蓄え、それを太陽光発電システムで蓄えた電気と偽って高く売ることは、禁止されています。これは電気ロンダリングと言われている行為で、そもそも現在販売されている蓄電池では不可能となっています。そのためそれを目的として蓄電池を設置しないよう、気をつける必要があります。

塗装を行うには

paint

京都における外壁塗装については、定期的に行っている方はおられます。しかしながら住宅を建築されてから長年居住されていますと内装の損傷は気がつきます。しかしながら外壁についてはなかなか気づく方は非常に少なくなります。

読んでみよう

外壁は外気から家を守る砦

men

家を守るためには外壁塗装が必要です。平塚には人気のある地域密着型の外壁塗装会社があります。仕事ぶりが口コミで広がり、マスコミにも取り上げられた会社です。これから外壁塗装を依頼するなら、複数の会社に見積もりを出してもらって比較検討することです。作業報告書や完了報告書を出してくれる会社なら安心です。

読んでみよう